タバコ

こんにちは(*^^*)

院長の篠原です♪

今日は知り合いの先生から

興味深い話を聞いたので

皆さんにシェアしたいと思います。

成人男性、女性に問わず

タバコを吸っている方

肺がんの罹患率が1・5倍~2倍も

高まってしまうといわれているのに

吸う方たちは、なぜタバコを吸うのか?

それは『ストレス発散』です。

一概に言えないかもしれませんが

・気晴らし

・口さみしい

・落ち着きたい

等々あると思います。

それは人がなんらかのストレスを受けて

感じているものだという事です。

ではなんで肺がんの発症率が高まるのでしょう?

実はそれはタバコではなく

ストレスの仕業!らしいのです・・・

ストレスは様々な病気をもたらすものです。

そして実は、タバコはそのストレスを

煙として体の外に排出している

とのことなのですなのです( ;∀;)

なんかすんごい都合のいい話のように聞こえますよね!!(笑)

その証拠に

タバコをやめたら太ったとか

タバコをやめたら二日酔いしないとか

タバコをやめたら人間関係が良くなった

等いろいろ情報がありますよね!

それはタバコの問題ではなく

その後ストレスがどうなったのかによるのです。

つまりタバコを吸っている方は

『タバコを吸わないといけないくらい、ストレスがたまっている可能性が高い』

だということです。

僕はこの話を聞いて

なるほどなぁ~と感心しました!

妙な解釈ですが、そんな考え方もありだなと感じました。

皆さんはいかがですか?いろんな解釈がありますね♪

※ちなみに僕は全く吸ったことがありません(笑


新宮中央駅×接骨・整骨部門
2017年03月時点

当院のご案内

施術メニュー