ストレッチって効果あるの?と感じている糟屋郡の方へ | 2017/12/06

正しいストレッチの方法を教えます

 

こんにちは٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 

暖房の乾燥で声が枯れている井手です!

最近ハスキーと間違えられます。。。。

 

さて今回の内容は

 

柔軟ストレッチやっているのに効果が
無いじゃん!!
と思われている方必見です\(^o^)/

 

 

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

ストレッチは面倒くさい。。。

と思われる方、このブログを見ている方で
いらっしゃると思います。

 

 

ですが、それはストレッチの効果を
実感出来ていないからかも!!

 

ご自身でチェックをしてみて下さい!

 

もしかしたら間違ったストレッチ方法を
行っているかもしれません!!

 

 

 

ストレッチの常識?非常識?

 

.ストレッチにじっくり時間をかけて良い?


筋肉に対して20秒キープのストレッチを3セット
というのが柔軟性を上げるのに効果的です★

 

逆に1カ所を60秒以上キープすると、
伸ばすはずの筋肉が、反対に縮もうと
することがあるので逆効果に・・・

 



.目覚めてすぐストレッチは良い??

朝は、筋肉が1日で一番硬くなっているときです。
ムリなストレッチは避け、軽めに行うように
して下さい。

 

朝は、ストッレチよりは、ラジオ体操のように
動かす運動がおススメです!

 

 


3.ウォーミングアップとストレッチ

筋肉が暖まる前のストレッチは、筋肉を
痛める原因になることがあるんですよ!

 

ストレッチの最適なタイミングは、軽く
ウォーミングアップをした後がベスト!!

 

時間が無く、いずれかしか出来ないときは、
ウォーミングアップを優先してください!

その方がケガ予防になりますよ\(^o^)/



4.強くしっかりストレッチをした方が良い?

動きの範囲(可動域)を広げたいと、
痛くなるまで伸ばすのは絶対にNG!!

 

イタ気持ちいい”程度のところで止めておくのが
一番なんです(^^)

10が最大なら、7くらいが良いです( ^^) 

 



.筋トレの最中にストレッチをして良い?

 

筋トレ中に筋肉を伸ばしたくなっても我慢筋!!

筋トレ中のストレッチは、パフォーマンスに支障が
出てしまいます。

 

体の1カ所をストレッチすると、中枢神経系を
刺激し、
動かしていない筋肉にも影響が及び、
その箇所のパフォーマンスを妨げてしまいます。



6.痛みがある時はストレッチをして良い?

ストレッチは、筋肉を柔軟で健やかに保つために
役立ちます!!

 

例えば、次のような場合は有効です。

・筋肉痛の痛み

・肩や腰の重だるさ

・長時間のデスクワークでの疲れ等

 

ですが、強い痛みやしびれなどがある状態
では決して行わないでください!!

ストレッチをしたことで、回復を遅らせてしまうことも

(>_<)

 

********************************


クリックすると新しいウィンドウで開きます

新宮中央整骨院では、正しいストレッチ指導と
トレーニング指導を行なっています!! 

 

ご自身で正しいストレッチ法が分からない方は
スタッフにおまかせください(*≧∀≦*)!!!

 

ストレッチ教えて欲しい人この指と~まれっ‼

 

『なぜストレッチはしないといけないのか?』 | 2017/08/12

『なぜストレッチはしないといけないのか?』

 

 

こんにちわ(*^▽^*)

 


みなさん!! 
お盆期間はいかがお過ごしでしょうか(*´꒳`*)?? 




今回のブログ担当は夏風邪明けの井手です(*・∀・)! 


皆様も体調にはお気を付け下さいね(汗) 


 


今日は 
『なぜストレッチはしないといけないのか?』についてです!‼‼‼‼


 


そもそも

 

ストレッチをする理由とは???? 

 


現代の日本人の生活は、、、、

 

デスクワーク

立ちっ放しの接客

家事・子育てなどによる長時間の姿勢維持

 

などが多くなっています。 

 

 

そうすると。。。。。。。。

 

 

筋肉が硬直し、血流が滞り、結果として酸素栄養の供給が減少

老廃物や疲労物質が体内に溜まってしまうので、カラダの活力が生まれなくなりコリ疲れ発生しやすくなるんですよ(´・ω・`)。 

 


また、体が硬くなると姿勢が歪み、正しく使われるべき筋肉が使われずに代謝が悪くなってしまうので、運動不足に輪を掛け太りやすくなるんです(>_<)。

 


体の柔軟性を失う事で、これだけの悪い結果を生み出してしまいます。 

 

 

 

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

 

 


ストレッチをすると? 


ストレッチの効果は、

運動前に準備体操の一環として行い怪我を予防するだけのものではありません‼


ストレッチは、硬く縮んでしまった筋肉を伸ばし、本来の筋肉の長さに戻していきます。 


伸ばすことで柔らかくなった筋肉は、本来の血流を促すポンプ機能を取り戻し、酸素や栄養の供給を行い、老廃物や疲労物質体外へ押し流していきます。 

 


また、普段鍛えられない筋肉を刺激し、代謝を向上させたり、

柔軟性を得ることでしなやかな体つくりに役立ちます。 

 


結果として

肩こり・腰痛改善、疲労回復の他、運動不足解消、脂肪燃焼促進、運動能力向上、冷え性・むくみの改善、心身リラックスの効果が期待されます。 

 

※各効果には個人差があります 

 


そして、

 

ストレッチは継続が大事! 


 

体の柔軟性は、ストレッチを行っても放っておくとまた硬くなってしまいます。(´・ω・`)


正しいストレッチを継続することで体は徐々に柔軟性を高め、筋肉が弾力性を取り戻すことで柔軟性が保たれるようになります‼‼




ついついめんどくさいとおもいがちのストレッチですが、こんなにも大事なことなんですよ(*´꒳`*)!! 

 

当院ではたくさんの生活指導をしておりますので是非!ご相談下さい\(^o^)/

皆さまお会いできることを楽しみにしています(*^▽^*)★

 

 


新宮中央駅×接骨・整骨部門
2017年03月時点

当院のご案内

施術メニュー