産前産後のホルモン★ 産後ケア専門 新宮中央整骨院

産前産後のホルモン★

こんにちは(o^^o) まだまだ寒い日が続いております😭

 みなさんは体調管理の方はしっかりとできていますか?? 

免疫力をちゃんとつけるために毎日の入浴、睡眠、運動は

大切です^ ^! 

インフルエンザもまだ油断できませんのでうがい手洗いをしっかり

として、気をつけてお過ごしください😄(星) 


さて、今回は産後のホルモンについてお伝えします!(^^)!

 


産後と言われると思い浮かぶ事はたくさんあると思いますが、まず必ず

みなさん全員に起こりえていることからお伝えします! 


実は妊娠8ヶ月〜産後6ヶ月の期間にとくべつなホルモンがでてることに

はお気づきでしょうか??? 


その名は「リラキシン」というホルモンです!! 

リラキシンは必ず誰もがこの一定の期間中にでます!!! 


リラキシンとは? 

卵巣や子宮、胎盤などから分泌される女性ホルモンの1つです。 

主に妊娠中に分泌量が増え、関節や靭帯を緩める作用が

あります。 

 

リラキシンのおかげで、ママの骨盤などの関節や靭帯が緩まって、

分娩時に赤ちゃんが産道をスムーズに通り抜けられるんですよ

(o^^o)! 

リラキシンが分泌されるのは、赤ちゃんを出産するためになくて

はならない仕組みなんです(*`・з・´)👊 ご存知でしたか?? 

 


また、産前産後の時に腰が痛くなったり恥骨が痛くなったりと

あちらこちら痛みが出てくる方が多いですよね? それも実は

リラキシンのホルモンのせいなんです! 



左右の骨盤をつなぐ「恥骨結合」と呼ばれる部分があるのですが、

リラキシンの作用でここが緩むと、骨盤が体を支える力が

弱くなります😭


すると、骨盤周辺の腰などに負担がかかってしまうため、痛みの

症状が現れるのです⚡️ 

さらに骨盤周辺の筋肉が緊張すると、血流が悪くなって痛みが

強くなるいう悪循環が生まれてしまいます(>_<)(汗) 



ただ、リラキシンが分泌されるのは仕方のないことです( ; ; )! 

リラキシンの影響による腰痛を防ぐためには、普段から腰周辺の

筋肉を鍛えておくことが大切なんですよ!!! 



猫背になっていたり、左右どちらかに体がゆがむと、骨盤が正しく

体を支えられず、腰周辺の筋肉に負担がかかりやすくなってし

まいます⚡️ 

腰痛持ちの人は、リラキシンの影響でさらに負荷がかかって腰痛が

ひどくなってしまうので注意してください(注意) 

 


いつ産後の矯正をしたらいいのか?? 

それは、理想は産後1ヶ月後くらいになります(^^♪

産後1ヶ月間は安静にしておくことが一番いいと考えられます!! 

リラキシンは歪みやすくしてしまうとは逆に矯正すると整いやすいとも

考えれますので、産後2ヶ月〜6ヶ月が一番ベスト期間となります!



産後矯正をうけたことがない方は、将来のためにもお勧めします(o^^o)

特に

・産後体型、産後太りを改善したい方。

・産前のズボンが入らなくなった方

・将来次の妊娠を考えてている方

・産後体調不良が続いている

こんなママさんにはおススメです♬

 

産後でお悩みならこちらへ


新宮中央駅×接骨・整骨部門
2017年03月時点

当院のご案内

施術メニュー