猫背の影響って?? 猫背を根本から改善 新宮中央整骨院

新宮町の猫背ゼロへ!新宮町の新宮中央整骨院です

前回は猫背の原因について書きました

 

本日は猫背になるとどういったお身体への影響がでてくるか?
を書いていきますね

その1 首こり、肩こり

猫背になると首こり、肩こりがでてくるといった
イメージはしやすいと思います。
これは猫背の姿勢になると僧帽筋、肩甲挙筋といった
筋肉に負担がかかります。
猫背のように前傾姿勢になると頭も前方に傾くので、
頭の重さを支えようと、筋肉が硬くなり、疲労して
首こり、肩こりが起きてしまいます。

 

その2 肩こりが悪化すると・・・

肩こりってすごくポピュラーでライトなイメージがありますが、
じつは肩こりは『病気の入り口』といわれることがあります。

なぜかというと、肩こりとは血液の流れが悪くなっている状態
ですので、

肩の血行が悪い→首の血行が悪い→目や耳といった部分の血行が悪くなる

→最終的に脳への血行が悪くなる

といったことが考えられます(>_<)

だからどういった症状がでるんのか?・・・を書くと少し問題になりかねない
ので、みなさんのご想像にお任せしますが、決して良い方向には向かわない
ことはお分かりいただけると思います。

肩こりを甘くみると怖いですよ“(-“”-)”

 

その3 ポッコリお腹、スタイルの崩れ

猫背になると見ため、美容的にマイナスです(>_<)

背中が丸くなり、猫背にあるとお腹がでたように見えてしまいます。
この理由は、次でお話しする内臓下垂が大きく影響します。

また、腰のくびれもなくなりますし、
猫背で頭や首が前に突き出したような姿勢は、顎下の筋肉を
使わない状態ですので、二重顎の原因にもなります。
痩せていても二重顎の女性っていますよね!
それは姿勢が大きく影響していることが多いです(>_<)

 

 

その4 冷えやむくみの原因に・・

猫背の方は、特に女性で多いですが、冷えやむくみ、生理痛がひどい
という方が多いです。
例えば、猫背で姿勢が悪くなると、お腹、子宮周りを圧迫してしまいます。
結果、お腹周辺にある『腹大動脈』というお身体で一番大きな血管を圧迫
してしまい、下半身への血液循環が悪くなります。

そのため、冷えやむくみが起きてしまいます(>_<)

 

 

 

 

その5.内臓の機能が低下

例えば、肺を考えてみると、猫背の状態は、背中が丸まって胸が縮こまっている状態
ですから、肺が圧迫されているのはわかりますか?

試しに姿勢を正した状態と、わざと姿勢を丸くした状態で呼吸をしてみて下さい。
呼吸がどちらが楽か比べてみてください。

呼吸がしずらいということは、一度に取り入れることができる酸素量が違うということ!
呼吸がしずらく酸素が十分取り入れることが出来ないということは、自然に呼吸回数が
増えます。

結果・・・

血液の循環がわるくなり、筋肉のコリ、痛みが全身に起こってしまいます。

循環が悪くなると、お身体の代謝も悪くなりますので、結果太りやすく
なってしまう可能性もあります。

また、呼吸は通常、呼吸筋といわれる筋肉を使って行いますので
呼吸回数が無駄に増え筋肉を多く使うということは、お身体の疲労につながり、
疲れがとれづらい体になってしまいます。(>_<)

また、肝臓、腎臓、心臓といった重さのある『実質臓器』といわれる部分が
下垂しますので、これらの働きも低下し、お身体に様々な障害を引き起します。

 

 

 

みなさんいかがでしたか?

猫背の弊害はまだまだ上げればたくさんあります。

『猫背あって一利なし』

長い人生考えると、今のうちから猫背対策は重要なのが
分かって頂ければ幸いです♬

 

 

 

 


新宮中央駅×接骨・整骨部門
2017年03月時点

当院のご案内

施術メニュー