新宮で腰痛改善するなら・・・

新宮で腰痛改善するなら・・・

 

こんにちは!
新宮中央整骨院です(^^)

腰痛は日本人の国民病と言われるほど、多くの方が発症してます。
腰痛の原因はいろいろとありますが、多くの人に当てはまるのが「姿勢の悪さ」です。

姿勢に関係してくるのが背骨です。

背骨は頸椎(けいつい)7つ、胸椎(きょうつい)は12、腰椎(ようつい)は5、仙骨と尾骨はそれぞれ1つずつ、計26個で構成されています。
「背骨 イラスト」の画像検索結果
背骨は前後にゆるいS字のカーブを描いていて、立ったり座ったりしているときに体の重さを支えたり、前後左右に上半身を曲げたり伸ばしたり、ひねったりすることができます。このS字が体にかかる負担を吸収し、体のダメージを防ぐ役割を持っています。
姿勢の悪い人は、この重心がずれてしまうため、腰の筋肉が常に緊張状態になり、腰痛を起こしやすくなるのです。

姿勢の悪さにも色々ありますが、現代人に多いのは猫背、肩が丸まって頭が前に出ている状態です。

「姿勢 イラスト」の画像検索結果

前かがみの姿勢をとると体重の2倍もの重さが腰に負担がかかり、腰痛を起こしやすくなります。
これは携帯電話やパソコンなどの画面を見続けていることが多い現代人がなりやすい姿勢なのですが、実はこの猫背の姿勢は重心が後方にいってしまうので、正しい姿勢に比べて腰の負担が多くかかるのです。

デスクワークや立ち仕事など長時間同じ姿勢を続けると腰の筋肉が固くなり、血流が悪くなって腰痛が起こりやすくなります

現代人に多いのは猫背でなく、車の移動やオフィスで座って働く現代人は慢性的に運動不足な人が多いです。
運動不足になると、肥満などのリスクもあがりますが、腰痛原因としては筋力の低下がとても大きいです。
腰痛の防止・改善には腰椎や背骨を支えるための腹筋と背筋の強さが必要ですが、運動不足の人はこれらの筋肉が弱くなっていることがほとんどです。
これらの筋肉の弱い人は、姿勢を保つことができないので、当然姿勢も悪くなるという悪循環があります。
女性に多いハイヒールですが、、身体が反り気味となり、重心線がずれています。これも腰痛を起こしやすい不良姿勢です。
ハイヒールを履くと腰がだるくなったり、違和感が出る人は、腰や骨盤、足首を安定させる筋肉が弱くなっている可能性があります。
不良姿勢の状態では、腰から骨盤、股関節に繋がっている筋肉の働きが悪くなります。また、ふくらはぎの筋肉も硬くなり、足元も不安定になりやすいため、腰痛を起こす可能性がより高くなります。
腰痛の原因でもあるこれらの姿勢を正しくすることで腰痛を改善することが出来ます。
腰痛に関与してくる筋肉に
・脊柱起立筋・腹斜筋・腰方形筋・梨状筋・大殿筋・ハムストリング

・インナーマッスル(横隔膜・腹横筋・多裂筋・骨盤底筋・大腰筋)

「腹横筋 骨盤底...」の画像検索結果
があり、これらの筋肉に負担をかけ、かたくなったり、筋力が低下することで腰痛に繋がります。
なのでこれらの筋肉をストレッチや運動をすることで、腰痛改善や予防ができます。
当院では姿勢分析を行い、姿勢改善やストレッチ、もっとも鍛えずらいインナーマッスルを鍛えることができます。

このインナーマッスルとの関係が最も重要なのです(^^)/


新宮中央駅×接骨・整骨部門
2017年03月時点

当院のご案内

施術メニュー