新・保育士メンバーをご紹介

こんにちは。

10月より新宮中央整骨院の一員になりました、服部 芙由子です。

ピンクのユニフォームを着て、受付もしくはキッズルームにいます。

幼稚園、保育園、子育て、とずっと保育一筋だったので、初めて経験する受付業務では優しい先生、スタッフの皆さんにフォローされながら修行を重ねているところです。

早く仕事をこなせるようになって、患者様方と楽しくお話できる余裕を持てるようになりたいです。

 

今日は、はじめましての自己紹介をさせていただきます。

12月29日生まれ、年齢はアラサーかと思っていたら、いつの間にかおもいっきりアラフォー...という歳です。はい、最年長でした...(汗)

1歳10か月の息子がいます。甘えん坊で、よく私の背中に乗って眠りについています。

10㎏の重みのおかげで体はがたがた。私も治療を受けたいです!

好きなことは食べること寝ること、そして歌うこと!

公民館などでおばあちゃん達と一緒にコーラスを楽しんでいます。

あと、花と動物が大好きなので、その両方が楽しめる海の中道海浜公園に遊びに行くのが好きです。

 

新宮中央整骨院を知ったのは一枚のチラシからでした。

託児がある整骨院って素晴らしい!と飛びつきました。

「産後整骨院に行ったけど、子どもが泣くから申し訳なくて行くのをやめた。そこは託児があっていいね~」と知人も言っていました。

どんなに保育の経験を重ねても、お母様には絶対に負けるので、お子様に泣かれる時もあります。

でもお子様の泣き声が聞こえてきても気にせず、「あら、やっぱりママがいいのね、かわいい(笑)」と思ってくださいね。

お母様の治療中、私の方はどうやったら笑ってくれるかな?何に興味を持つかな?とあれこれ働きかけて、

「泣き止んでくれた」「笑ってくれた」「かわいい~」「たのしい~」と幸せな時間をいただきますので!

そして治療後にはその幸せを“引き継ぎ”して、お母様にさらに笑顔になっていただきたいと思います。

院の理念、「関わる方の笑顔とありがとうのために!」頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。


新宮中央駅×接骨・整骨部門
2017年03月時点

当院のご案内

施術メニュー