低血圧

こんばんは!
新宮中央整骨院です!
今回は低血圧について書かせていただきます!

血圧は、高いだけでなく低すぎても、めまい,貧血をなど様々な症状を引き起こします
血圧は、血管内を流れる血液の圧力です心臓のポンプ作用によって全身の血管に血液が送り出されています
血圧は心臓自体の力、血管の状態、ホルモンなどによって調節されており、正常な状態でも身体や精神の働きによって変動しています
血圧が低い、血圧が高いというのは、こうした心臓や全身の血管、神経の機能を示す指標となります
・低血圧の基準となる数値
収縮期血圧100以下、拡張期血圧60以下

3つの低血圧と原因

症候性低血圧症

症候性低血圧症とは、血圧の低下を引き起こす原因となる病気がはっきりしているものをいいます。心臓や脳神経の病気や重い外傷、多量の出血がその原因となり、急激に発症したものはショック状態や意識障害などが起こります。

本態性低血圧症

明らかな病気はないのに血圧が低い状態をいいます
痩せ型の若い女性に多く、何らかの症状に悩まされていない限り、基本的には治療を必要としません
症状が重く、改善したいと考える場合、食事や睡眠を規則的にするなど、生活習慣を見直すと良い場合があります

起立性低血圧症

心臓から送り出された血液が心臓に戻りにくい状態に一時的に陥ることで急に立ち上がったときに目の前が暗くなり血の気が引くような状態
普通は一過性のもので治療の必要はありませんが、まれに自律神経系の病気が原因となる場合があります

朝が弱い、立ちくらみがするなどの症状は、低血圧が原因で起こることがあります
ほとんどが体質や生活習慣によるもので、病気としての治療は必要としませんが、なかには病気が潜んでいる場合もあります
気になる場合は一度医療機関へ相談しましょう

それではよい1日を!


新宮中央駅×接骨・整骨部門
2017年03月時点

当院のご案内

施術メニュー