そろそろ夏ですね!!

こんにちは!

新宮中央整骨院の山崎です!

梅雨に入り雨の日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか?

今回は『熱中症』について書きたいと思います!

梅雨が明け、夏真っ盛りになってくると、気温もぐっと上がり、汗の量も増えてきます。

そうなると大切になるのは『水分補給』です。

ノドが乾いたと感じる前に、定期的に水分補給を行いましょう!

さて、熱中症になるとどんな症状が現れるのでしょうか。

症状1.顔が火照ったり、めまいや立ちくらみが起こる

症状2.こむら返りや筋肉痛のような痛みが現れる

症状3.だるさが現れて吐き気が出てくる

症状4.汗のかき方が異常になる

症状5.体温が高くなり触ると熱い

症状6.声をかけても反応がなかったりふらふら歩く

症状7.自分で水分補給が出来ない

ぱっと挙げるだけでもこんな症状が現れてくるんです。

自分で熱中症かなー?と思う症状が現れたのを感じられたら、すぐに涼しい場所に移動し、体を冷ましてあげましょう。

周りでこの人熱中症じゃないかなー?と感じられる様な様子だったら、しっかり声をかけてあげて、無理してないかを確認してあげましょう。

注意事項として、熱中症でぐったりしている人に無理やり水分補給をさせるのは危険ですので、自分で水分補給を出来ないような状態の人はすぐに医療機関に連れて行きましょう。

その際、ワキや太ももや首の辺りを保冷剤や氷嚢で冷やしてあげると効果的です。

今年の夏はエルニーニョ現象の影響で、とても暑くなるみたいなので、こまめな水分補給と休憩をはさみ、熱中症にならないよう気をつけましょう!

では、みなさん体調に気をつけてください!

お元気様でした!


新宮中央駅×接骨・整骨部門
2017年03月時点

当院のご案内

施術メニュー